プロが1000球打つ理由

プロゴルファーは1日に8時間以上も球を撃ち続ける事がある。打ち続けた先には、どういった世界が待っているのでしょうか。そんな素朴な疑問をMOZAIKYが明らかにしていく。


SPONSORED CONTENT



プロゴルファーの練習量


プロゴルファーの練習量はプロによって全く異なっている。プロの中には全く練習しなくても成績を出していくプロゴルファーや、1日に1000級を打つプロゴルファーまで実に様々である。

藤代健太郎プロのケースでは試合で賞金を稼げなかった場合は、『1000球の刑』と称して自分にペナルティーを課しているそうです。ただこの練習量量はプロゴルファーの中でも特に多い方だと思われます。一般的なプロゴルファーの方だと、1日200球ほどを毎日続けているのではないでしょうか。


最適な練習時間


ゴルフの練習には最適な練習時間というものがある。実際集中して球を打つと1時間に練習できる球数というのは、200球が限界であろう。もしその時間より早く練習を終えているであれば何も考えないで練習をしている可能性が高いと言える。


MOZAIKY OFFICIAL

東京都港区浜松町1-1-2

汐留MKタワー2F

03-6435-9427